結婚指輪を手作りしよう【ハンドメイドのリングで愛も深まる!】

リング

あらゆるメリットがある

リング

婚約から結婚に至るまで必要な指輪は全部で3本です。プロポーズの時に必要なリングが婚約指輪、挙式で2人の誓いの証として交換するのに必要なリングが結婚指輪です。結婚指輪は日常的に薬指に身に付けるものなので、シンプルで飾りが控えめなデザインが一般的とされています。婚約指輪はサプライズとして男性から女性に贈られるケースが多く見られますが、結婚指輪はペアリングなので2人で購入するケースがほとんどです。
結婚指輪を購入しようと考えているカップルは、手作りの結婚指輪も視野に入れてみると良いでしょう。手作りの最大のメリットは世界に1つだけの結婚指輪を身に付けられるという点です。デザインから形、大きさ、リングの素材など、すべて自分の思い通りにできます。実際にデザインできるのかと不安に感じる方もいますが、結婚指輪のデザインは比較的シンプルなものなので、手作りでもハイクオリティの指輪が作れます。予算もオーダーメイドの場合は平均価格が20万円~25万円が多く見られますが、手作りの場合は15万円~30万円程度と大きな価格差はありません。しかし、石を付けたり文字を掘ったりなどのオリジナリティを加えるに連れて徐々に変動していきます。婚約から結婚に至るまで必要な指輪は全部で3本あるので、予算を計画的に考えてオリジナリティを加えていくと良いです。世界に1つしかないこだわりの結婚指輪を身に付けるのなら、オーダーメイドだけでなく手作りの結婚指輪も考えてみましょう。